中国漢方の歴史

精力剤にもイロイロありますよ

中国漢方の歴史

最近、日本の中でも健康に気をつけている人が非常に増えています。

テレビや雑誌などでも健康をテーマにした特集などをよく見かけます。
それは高齢者の割合が増えているのも原因のひとつかもしれません。

健康食品やサプリメントなどもよく売れているようです。
最近ではトクホという言葉もよく耳にするようになりましたし、トクホの飲料なども
爆発的に売れているようです。

そんな健康に効果があるもののひとつに漢方があります。
漢方という言葉を知らない人はほとんどいないと思いますが、漢方のほんとの意味を
知っている人はあまり多くはないのではないでしょうか。

漢方は中国からもたらされたと言われています。
漢方とは「漢土の方術」という意味があるそうです。漢土とは中国のことを
指しており、中国から伝わった医術という意味だそうです。

漢方は複数の生薬を調合することで作られます。

生薬とは植物、動物および鉱物の天産物をそのままか、またはその一部を簡単に
加工することで薬用にしたものです。

漢方の考え方として、人間の体も自然の一部というものがあります。
その為、全ては連動していると考えます。

西洋医学では病気の部分のみを集中的に考えますが、漢方は体全体をみて
治療法を考えるのです。

精力剤にもイロイロありますよ